×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

逆浸透膜(RO膜)を使用したウォーターサーバー会社。について

逆浸透膜(ぎゃくしんとうまく)とは、ろ過膜の一種であり、水を通しイオンや塩類など 水以外の不純物は透過しない性質を持つ膜のことです。水分子よりも大きな物質をカットできるので、クリアなお水になります。

逆浸透膜とは?

ro膜水 濃度の高い液体に圧力をかける事で、浸透膜を通し水分子だけを透過させます。浸透膜は孔の大きさが0.0001ミクロンという超微細なために水の分子だけを透過させ、不純物を通さない仕組みです。

通常では除去出来ない最小のウィルスさえも通しません。一般の浄水方式では除去不可能と考えられていた超微細ダイオキシン・金属・ウィルス等も取り除くので、安全で浸透性の高い水を作り出します。

また、分離された不純物はそのまま廃水として器外に排出されますので不純物が漏れ出したり、細菌類が繁殖する危険性もありません。